Mission Complete その2?

2006年08月01日

昨日の続きで「清水小学校錦江湾横断遠泳2006」ネタです。

開会式 健康診断後、開会式です。この日は非常に日差しが強く、 入水前に体調を崩す可能性があるためサクりと閉会

ちなみにお話をしているのは、清水小学校校長。この方、休みあるのだろうか?教頭先生もそうだけど、ほぼ毎週土日顔を出されてた。 本当にありがたい事です。

 

 

 

入水 次々とレミングスのように海に入水し、 笛の合図とともに2人ずつ泳ぎ始める

そう、この写真でお判りのように私は泳いでません・・・検定に落ちてますから・・・泳げません(涙

 

 

 

 

隊列 今回泳げなかった為、連絡船に乗船し隊列の先頭・ 最後尾を何度も往復しながら状況を本部へ知らせる係であった。
今年の子供達は、例年になく非常に優秀であった為、何事も無く仕事が全く無かったりして手持ち無沙汰で、 普通監視船に乗船する親父よりベストショットを撮りまくれました(役得

←真ん中が本部船、左右が監視船で基本的に自分の子供の状況を親父が監視します。

 

 

 

P1010091 練習時毎回、 泳ぐ間隔が狭く弟が姉に覆い被さるが如くで毎回注意されまくりだったので本番前に散々注意したけど、危惧したとおり・・・・ 間隔狭すぎ

写真に撮れなかったけど、娘が後ろを向いて息子に蹴りを食らわしてますよ・・・ 本番で止めてくれ・・・  息子も反撃に手で娘の足をガリッと引っ掻いてたそうです。なんだかなぁ~

 

 

 

ゴール そして、あっと言う間に磯海水浴場に到着

今回は全距離4.2km、時間は1時間40分。潮の流れも良く、障害物も無く非常に順調に終わった。
あらゆる条件に対応する為に練習していた子供達にとってあっけなかったかもしれない。多分練習の方がキツイと思う。

 

 

記念撮影 今回も一人も脱落者無く、全員完泳!!
実は25年間一度も脱落者はいないそうです(泳ぐ前に健康診断で止められる子は別)
すばらしい事ですね

私が無理して参加して、途中で脱落した日にはどれだけヒンシュクの嵐となった事でしょう・・・

自分自身が完泳できたなら、どれ程感動物だったでしょう・・・来年に向けて今から頑張ろう!!

Posted by Medaka at 2006年08月01日 21:07 | コメント (5) | トラックバック (0) | Clip!!

この記事に対するコメント

今までニュース映像で見る程度でしたので、「小学生がすごいなぁ」程度の漠然とした
印象しか無かったのですが、臨場感あるリポートを読んで感動しました。
親子で思い出を共有できる素晴らしいイベントですね。
大変でしょうけど少し羨ましいです。

Posted by: 庵膳MAN at 2006年08月02日 09:01

偉業達成おめでとうございます!!

25mプールさえも果てしなく遠く感じている私には雲の上の話ですが、小さな子供たちが泳ぎきったと思うと…自分も少し励まされたような気がします。
来年はめだかさまも・・・ぜひ頑張ってください。

私は・・・唐浜ででも泳ぎますか!(笑)

Posted by: nobu at 2006年08月02日 14:34

ど~もです。
明日は、プールで100mだけ
泳ぎましょうかねぇ~~~
では!!!

Posted by: Aptiva野郎 at 2006年08月02日 16:34

 1時間40分も泳ぎ続けた自信。将来、きっと困難に出くわした時、乗り切る糧になるはずです。 それを、支えた先生や府警の方々、大変だったと思いますが、それに見合った感動があったのでは? 

Posted by: 平均的日本人 at 2006年08月02日 23:29

庵膳MANさま
 実際参加する前は私もそんな感じでしたよ
 親子の思いで作りとしては、一生残るものでしょうね

nobuさま
 来年こそは・・・(涙

Aptiva野郎さま
 100mと言わず、来年一般遠泳参加を目指しましょうよ~

平均的日本人さま
 本人も回りも感動的だったと思います。
 子供達は日々の練習が無くなり、つまらないと愚痴をこぼしてます。逞しい (^^;

Posted by: めだか at 2006年08月03日 08:35

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


この記事のトラックバックURL


この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Made with dreamweaverMade with fireworksPowered by Movable Type 3.35Powered by Wandering Wind
Copyright : [Articles] (C) めだかの日々 All Rights Reserved.
[Comments/Trackbacks] ... Authors of those have rights.